語学力がなくても安心の通訳アプリ~意思疎通ができるだけではない~

記事一覧

開発のメリット

アプリケーション

副収入と就職のアピールに

iphoneの普及に伴って様々なアプリが開発されてきました。その勢いは止まることがなく、毎年幾種類ものアプリがリリースされています。スマートフォンがまだ定着していなかったころには、個人開発のアプリがヒットして稼いだという話も聞こえてみました。それを夢見てアプリ開発に挑戦してみようと考える人もいるかもしれません。しかし、様々なアプリが林立している昨今では、開発したアプリが人の目に止まることさえ難しい状況です。そのため、個人でiphoneのアプリ開発をするとしたら、副収入を期待するのが妥当です。iphoneのアプリは有料と無料がありますが、無料でも広告収入が入ります。無料でダウンロード数を増やし広告収入を増やすのも、アプリ開発による収入モデルの一つです。息の長いアプリになれれば、不労所得として毎月お金が入ってきます。それから、就職や転職の際に、実務経験が豊富であればそちらでアピールできますが、未経験者はアピールできることが多くありません。ですから、未経験者はiphoneのアプリ開発をすることで実績や熱意として伝えることができます。中には入社試験の一つとしてアプリ開発を応募条件にしている会社もあるので、ゲーム業界を目差す人にとってアプリ開発は損になりません。ただ、面白いゲームアプリだから売れるとは限りませんし、ダウンロード数ランキングで上位に来ていてもすぐに下がってしまうこともあります。アプリ開発の際には、どのような内容や操作性が好まれるかなどを研究したほうが安心です。